売り切れ

セレクトの決め手

鯖江眼鏡で有名な、近頃ホットな地方都市、鯖江市で300年近くの伝統を持つ「山うに」は脂っこいメニューに絶対合う!パスタにも合う、餃子にも合う、とにかく何にでも合わせてみて可能性を探ってほしいです。柚子胡椒好きはきっと好きなはず。鯖江の皆さまはこの美味しさを生まれた時からご存知だったなんて、もっと早く教えてほしかったです!
:alt

「山うに」ってなに?

山うにとは、福井県鯖江市の河和田地区で古くから食べられてきた、伝統食です。見た目はまるで太陽のように赤く、味は柚子胡椒やかんずりに似ています。「山うに」と呼ばれるようになったのは、同じく越前の伝統食で、海のうにをすりつぶして作られる「潮うに」と同様の形状をしてることから、山うにと言われる様になったと言う事です。

丹精を込めて練り上げる

原材料は、柚子、赤なんば(赤万願寺唐辛子)、塩、赤唐辛子。柚子は有機栽培された柚子の肉厚な皮部分を厳選して使用します。おばあちゃんのそのまたおばあちゃんがずっと昔から作ってきた製法にこだわり、素材に合わせて時間、強さを調整しながら、ゆず皮のフレッシュさと完熟赤なんばの甘みを引き出します。辛味の中にも甘さを感じる独特の風味を醸し出すためには、繊細な加減が必要なため、未だに殆どの工程を手作業で、丹精を込めて行います。

:alt

ものづくりの街、福井県鯖江市

福井県鯖江市河和田地区。越前漆器や眼鏡の職人たちの集まる、小さなものづくりのまちです。三方を山に囲まれ、約4,400人が暮らすまちです。山うにをはじめとし、素朴であたたかい食文化が根付いています。

:alt

辛口

:alt

中辛

餃子につけて

山うには一般的には薬味として使われます。家庭でも鍋物やおでんに添えたり、刺身のわさび替わりに山うにを使ったり、うどんや蕎麦の薬味として利用し、ちょっと違った風味を味わうのに利用されます。

:alt

越前隊の想い

300年以上の伝統を受け継いできた山うに。越前の寒い冬を乗り越えるため、おばあちゃんが家族を想う心が創った宝です。みなさまの食卓とふるさとをつなげること、それが越前隊の願いです。

商品概要

サイズ

①商品サイズ高さ90×横45×縦45

配送方法

常温

送料について

この商品の送料は税抜600円です。
本品は「山うに屋 ほやっ停」が常温で発送いたします。同じショップから複数の商品をご購入の場合は、追加の送料はかかりません。
ただし、配送便の温度帯が異なる場合は温度帯ごとの送料がかかります。

賞味期限

180日

お支払い方法について

クレジットカードのみご利用いただけます。
ご利用可能カード:Visa、Mastercard、American Express、JCB

裏面記載情報

こちらの商品もおすすめです

山うに柚子赤(辛口・中辛セット)

¥1,800 税抜 送料 ¥600
常温

福井県鯖江市の河和田地区で、300年以上の伝統を受け継いできた「山うに」の中辛・辛口セット。柚子胡椒やかんずりに似た薬味で、見た目はまるで太陽のように赤いのが特徴。鍋、おでんに合わせても。