売り切れ
格之進 全29商品

舌でも、脳でも味わう美味しさ

脳科学者の藤井直敬氏と「肉おじさん」こと格之進代表の千葉氏が共同開発した、体験型食品「エナジーバーグ」。格之進の1番人気商品の金格ハンバーグをベースに、玉露やカフェイン、ブレインフードと呼ばれるクルミなどを練り込んだ、これまでにないハンバーグです。

ベースは格之進の定番商品「金格ハンバーグ」

見た目は緑色をしていますが、ベースはあの定番大人気商品、岩手県産の国産牛とブランド豚でプラチナポークと呼ばれる「白金豚」を使用した「金格ハンバーグ」。 変わらず厳選した素材を使うことで、奇を衒うハンバーグにもしっかりと「格之進イズム」が感じられる仕上がりになっています。

デスクワークや頭を使うお仕事をする人におすすめしたい。

「エンジニア職の人がパソコンをさわりながら鶏のささみを食べているのを見て、もっと良いものを食べて欲しいと思った。」と千葉社長。もっと手軽にもっとかんたんに食べられるように、エナジーバーグは電子レンジで加熱調理できます。

肉博士、ならぬ「肉おじさん」

熟成肉にはじまり塊肉や希少部位などの肉ブームの立役者ともいえる千葉祐士(ますお)氏。自らを「肉おじさん」と名乗る千葉氏は、都内には「格之進」を12店舗を構え、岩手県産の食材を使用したメニューをご提供しています。

廃校予定の母校を本社と工場へ。

2013年に統合を受けて、約140年の歴史に幕を下ろした門崎小学校は、門崎地区の象徴的存在であり、千葉氏の母校。この小学校をなんと千葉氏は買い取り、格之進こだわりのハンバーグの工場にしました。その後本社機能も校舎内に移管。前代未聞の挑戦の根底に流れるのは、常に地域活性化への思い。その目は常に、一歩先の未来を見据えているのです。

岩手一関との大切な"結び目"として、都内に展開される格之進

「ブランド牛というのは本来、産地で消費されるべき。しかし現実は、日本中の牛は東京に集められる。ブランディングにおいても、東京での評価が不可欠。」 不条理とも思われるこの状況を嘆くことなく、逆手に取り、都内に12店舗個性豊かな店舗を展開する「格之進」。その根底には、千葉氏の岩手一関への深い慕情が伺えます。

商品概要

パッケージ

サイズ

60gx5個

配送方法

冷凍

送料について

この商品の送料は税抜800円です。
本品は「格之進」が冷凍で発送いたします。同じショップから複数の商品をご購入の場合は、追加の送料はかかりません。
ただし、配送便の温度帯が異なる場合は温度帯ごとの送料がかかります。

賞味期限

製造日より180日 (冷凍保存)

お支払い方法について

クレジットカードのみご利用いただけます。
ご利用可能カード:Visa、Mastercard、American Express、JCB

裏面記載情報

こちらの商品もおすすめです

エナジーバーグ5個セット

¥3,000 税抜 送料 ¥800
冷凍

格之進の1番人気商品の金格ハンバーグをベースに、玉露やカフェイン、ブレインフードと呼ばれるクルミなどを練り込んだ、「エナジーハンバーグ」。脳科学者の藤井直敬氏と「肉おじさん」こと格之進代表の千葉が共同開発した、体験型のハンバーグを是非。